一定期間更新がないため広告を表示しています







かつらを考えた結果の かつら



かつらをつけると、若くみられるようになったり、
自信がもてるようになり世界が変わります。

しかし、かつらにしたからといって髪の悩みが全てなくなるわけではありません。
購入後の温泉やプール、旅行、ジェットコースター等が楽しめなくなったり、
風が強い日には前髪が不自然になったり、
周囲にばれないかヒヤヒヤしたり、
かつらをつける前にはなかった新しい悩みが出てきます。

またかつらには寿命があるため、金銭的な悩みも出てきます。
かつらの良い点だけではなく、
そういった事も理解した上で購入するようにしなくてはいけませんね。

一口にかつらといっても、全頭タイプ・部分タイプがあり
全頭タイプのかつらには、自分の頭に合わせて作るオーダータイプのもの、
髪の色、スタイルを選んで作るセミオーダータイプ、既製品の3種類あります。
部分タイプのものには強力な粘着テープで頭皮に直接装着するものもあり、
そのまま入浴も可能です。

また、かつらの素材には大きく分けて人毛、人工毛と2種類あります。
人毛
・パーマや髪染めなど、ドライヤー等でアレンジが出来る。
・値段が高い。
人工毛
・髪型の形状を記憶しているため、セットをする手間がかからない。
・熱や静電気に弱い。
・カメラや日の光だと、不自然な輝きができる。

人工毛と人毛の良いところを合わせた、
自然でセットが楽な人工毛と人毛を混ぜたものもあります。

しかし、
かつらは一度作れば一生使えるものではありません。
かつらの寿命は全頭タイプのもので、平均3〜4年です。
同じかつらを2つ用意して交互に使用したり、
時々メンテナンスに出して増毛を繰り返す事によって長持ちします。

毛が痩せてきたり、枝毛や切れ毛が目立つようになると、
作り替えた方がよいでしょう。
かつらの寿命は毎日のお手入れによって、変ってきます。
お手入れ方法をしっかり読んで、毎日お手入れしてあげましょう。

かつら選びのポイント
価格ですが
かつらの値段の他にランニングコストがかかる場合があります。
かつら自体の質
・人工毛、人毛
・手編み、機械編み
・オーダーメイド、既製品
修理等のアフターケアー
修理等のアフターケアーをしっかりしてくれるか?
事前に確認しておきましょう。

これらを下調べ・考慮してかつらを考えましょう。














ADMIN